日本の交通機関について

Apr 24, 2016


日本での生活は、私の地元であるバンドンとはかなり異なっていると言われうる。私たちは交通機関においてかなり重要な違いに遭遇します。例えば、私がバンドンにいるとき、大学へ行くためのバスやぶらぶらすることや、他の乗り物で走るより、むしろアンコットという公共交通機関をよく使っています。

日本では、それぞれの街に異なる交通機関があります。最初に日本に住んでいた時、私は、甲府と呼ばれる小さな街に住んでいました。どこか出かけるときは、よく自転車を使いますし、もしくは歩きます。しかし、目的地がかなり遠くでしたり疲れるようなときは、電車か街のバスを使います。甲府のほとんどの電車は、JRであり、地下鉄はほとんどありません。電車の時刻表は、毎分のように来る東京とは違い、思うに、次の電車までの間隔が10分以上あります。

最終的に私が修士号を修めるために東京へ引越をしなければならなかったとき、東京の交通機関を理解することは本当に難しかったです。ここ東京においては、交通機関の選択は、かなり多様であり、自転車から、タクシー、バス、路面電車、地下鉄、JRまであります。しかし、ほかの交通機関より速いため、私は、よく地下鉄とJRを使います。私が、初めて東京に引っ越してきたとき、慣れていなかったし、以前住んでいたバンドンや甲府とは交通機関の状態がかなり違っていたため、とても混乱しました。しかし時間の経過とともに、私はかなり適応できるようになっています。

私たちが、日本で交通機関を使うためには、乗り方を簡単にするためのカードを作るのがよりよいでしょう。とりわけ東京では、私たちは、選択してPASMOとSUICAを作れます。東京の多くの場所において、ホームへ行くときに、自動改札機にICカードと書いてある限り、私たちは、両方のカードを使えるのでどちらを選ぶかで心配する必要はありません。

東京で電車を使う方法。

1.500円のPASMOかSUICAを買います。

2.PASMOまたはSUICAを初めて作った時に、1000円または10000円から始めることができます。

Transportation1

 

3.目的地への経路を知ってください。駅員室の近くにあるマップ(路線図)で確認できます。路線図はたいてい漢字表記ですが、アルファベット表記の路線図も見ることができるので心配しないでください。

Transportation2

 

4.経路がわかったら、自動改札機にカードをタッチしてください。改札機のドアが開き、簡単にホームへ入れます。

Transportation3

 

5.入った後、ホームに設置されている待ちゾーンで待ってください。たいてい、ちかくに並べるように、たくさんの電車の車両と表記があります。

Transportation4

 

6.電車が来るとき、なるべく降りる人を先に降ろさせてください。

7.中の人が降りてきたら、電車に入りましょう。

8.日本の電車におけるほとんどのシートは優先席がありますが、妊娠した女性、子供、老人などのように必要とした人々にシートを座らせることもよいでしょう。

9.自分たちのいる位置を確認するのを忘れないで、それを防ぐために、たいてい私たちは電車の中のスクリーンで自分たちのいる位置がわかります。

この記事があなたに日本における交通機関に関する新たな情報を提供できていることを望みます。

Annisa Dwi Kanya
Indonesia

スポンサーリンク

Traffic // Cultureの最新記事