日本の銀行」

Jul 22, 2016


日本の銀行システムは、他の国の銀行システムに似ています。
大規模な国際銀行から小規模の地方銀行に至るまでさまざまな機関があります。そして、国内の大手銀行には、郵貯銀行、みずほ銀行、東京三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行などがあります。
スクリーンショット 2016-07-22 0.37.33
さらに幾つかのインターネット銀行があるが、特にセブン銀行は最近人気があり、インターネットとATMを介して人々に銀行業務を提供しています。そこでは現金の預け入れ、引き出し、送金、外国為替、投資サービスなどを行うことができます。
ほとんどの銀行は9時から15時までが営業時間で、週末と祝日は休業しています。
しかしATMはより営業時間が長く、週末や休日に利用できるものが多いです。最近では24時間利用できるATMも増えてきました。
スクリーンショット 2016-07-22 0.49.33

[参照: http://www.hanabistore.com/beginner.htm]

<アカウントを作る>
在留外国人と旅行者は、在留カードを持っていれば銀行口座を開けることができます。 一部の銀行では、在留カードの代わりに日本の運転免許証も認めていることがあります。より保守的な銀行は、個人の印鑑も必要とする場合があります。
口座開設にあたり最低限の預金は必要なく、ほとんどの銀行では維持するための手数料もかかりません。
通常の口座の金利は非常に低く、大抵は1%程度です。 申し込みを済ませたら、通帳を受け取ることができ、ATMカードは郵便で送られます。 ATMカードの発行には手数料(1,000円)を支払う必要があります。
逆に口座を閉鎖するときは、キャッシュカード、通帳、在留カード、印鑑があれば、いずれの支店においても手続きをすることができます。
スクリーンショット 2016-07-22 0.37.41
<振り込み>
日本の銀行が提供する主要なサービスの1つは、電信振り込みです。これは、個人や企業が互いにお金をやり取りして請求するための非常に一般的な方法です。
振込先は、銀行窓口、ATM、またはインターネット経由で行うことができ、営業時間内に行われた場合は同じ日に処理されます。 発送者は通常200〜500円の手数料を支払います。
日本国外の口座から国際電信送金を利用して日本の口座に振り込むことも可能ですが、処理手数料が通常数千円かかる複雑な取引になる可能性があります。<ローン>
日本の銀行は非常に低金利のローンを提供していますが、審査を通るのは非常に難しいです。申請者に一定の所得水準を持たせることを要求する銀行は、日本人、永住者、または外国人に日本人配偶者のみに融資を行います。

スポンサーリンク

Move To Japan // Service // Money // Shopping / Serviceの最新記事