日本の冬に家で快適に暮らすためには

Nov 6, 2016


<家の中で過ごしてみよう>
日本の冬に家で過ごすことについてみなさんはどう思うでしょうか?快適な家具に囲まれて家でリラックスしているところを想像できますか?日本人はこれまで冬に家でゆっくりする時間を大切にし、それぞれの地域で独特の生活を構築してきました。今回は、日本の冬を快適に過ごすために役に立つ知識を紹介しましょう。<「こたつ」とは>
世界にはいくつかの暖房器具があり、日本には「こたつ」という独特のものがあります。下部に電子ヒーターを取り付けた正方形のテーブルで、キルト布団で覆われています。ダイニングテーブルに「こたつ」を使用している家庭もあれば、複数人で「こたつ」を囲んで会話をしたり、一緒にテレビを見たり、ゲームをしたりすることもできます。「こたつ」は幸せな家族の象徴として用いられます。日本の映画、ドラマ、マンガの正月のシーンでは、必ずと言って良いほど「こたつ」で、祝宴を囲む様子が描かれています。若い人が都会の一人暮らしで「こたつ」を利用するときに、故郷を思い出すこともあります。「こたつ」のある生活に興味があれば、「こたつ」を持っている日本人の家族や自分で購入することを考えてみてください。ホームセンターや家具店で購入できます。「こたつ」とこたつ用布団は別々に売っていることが多いので、両方購入してください。以下のリンクにも情報が掲載されています。
http://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/こたつkotatsu

(参照: http://gahag.net/tag/%E3%81%93%E3%81%9F%E3%81%A4/ )

 

<湿度を保つには>
日本の冬は乾燥するので、家の中の湿度に注意を払う必要があります。エアコンや「こたつ」はさらに家の中を乾燥させてしまいます。
冬の生活にかかせない様々な種類の加湿器が日本では販売されています。インフルエンザのウィルスも湿度が40%未満だと活発に活動し、60%を超えると弱くなると言われています。つまり、自動的に湿度を調整する加湿器を使えば、これを防ぐことができます。加湿器の値段は幅広いので、電気屋さんのスタッフと確認するのが良いでしょう。アロマの香りが出る加湿器などもあり、リラックス効果も期待できます。

moisture

(参照: http://www.irasutoya.com/2014/01/blog-post_9495.html )

 

<「湯たんぽ」>
「湯たんぽ」を知っていますか?想像してみましょう。冬にベッドに入った時、あなたのベッドが暖かかったら幸せに気持ちになりませんか?
「湯たんぽ」はあなたのベッドをあらかじめ暖かくするもので、数百年前に中国から日本にわたってきたものです。熱いお湯を入れてキャップをきつく閉じ、あなたがベッドに入る数時間前にベッドに入れておくのです。「湯たんぽ」はお金もかからず環境にも良いため、昔から日本人に人気を博していました。昨今では数多くの種類が出回っているため、様々なデザインから選ぶことができます。アマゾンなどで是非調べてみてください。

yutanpo

(参照 http://www.irasutoya.com/2013/11/blog-post_7553.html )

 

<冬ごもりしよう>
寒い日に外を出歩くことに疲れたなら、「こたつ」に入って家族や友人とリラックスしませんか?「こたつ」でお鍋を楽しんでみてください。

hibernate

(参照: http://www.irasutoya.com/search?q=%E9%8D%8B )

Clare

Japan

スポンサーリンク

LEAVE A COMMENT