日本への留学生の最初の一年の学生生活

Feb 17, 2016


日本では、他の国とは違い4月に新しい学期が始まります。日本のすべての大学において4月に新入生を受け入れますが、留学生の場合は9月または4月のいずれかを学生自身で選ぶことができます。

新入生にとっては全てが新しく、違って見えるでしょう。きっと胸を躍らせながらあらゆることを試してみたいと思うでしょうし、たくさんの新しい友達、特に日本人の友達を作りたいと思うでしょう。カリキュラムを楽しみにし、全てを試したいと思います。ですが、新入生にとっては初めてのことですので、何が正しいのかが分からない。そんな時は上級生や年長者に話を聞くことは良いことです。ですが受講の前にどうやって上級生に話を聞けば良いのでしょうか。新しい学期のお祝いとして、新しい知人を作る機会を提供するパーティーやオリエンテーションがあります。 サークル、スポーツクラブ、その他の学生団体は、プロモーションや募集を積極的に行います。ですのでキャンパスの関連情報を入手して、好きなサークルに参加するのは簡単です。

Wasedasai

(参照: 早稲田祭, 早稲田大学, 東京、日本)

 

続けて私の経験についてお話しします。私は、ここで多くの新しい素敵な出会いに恵まれ、非常に幸運でした。 私は留学生として大学院で勉強を始めて1年目ですが、私のプログラムは英語で行われますので、私のクラスメートのほとんどは日本人ではありません。ですので私はキャンパス内の日本人学生と話す機会はあまりありません。 その結果、私は日本人の友達よりも多くの留学生と友人になりました。ですが、キャンパス内には数多くの国際的な活動があります。 あなたが興味を持っている活動に積極的に参加して、共通の関心事を共有し、新しい友達と楽しみを分かち合うことができます。私は日本人学生が英語を話せるようサポートするイベントに参加しました。そこで多くの素敵な友達に出会っただけでなく、彼らとたくさんのアイデアを交換しました。 私は彼らのおかげでこの国についてより多くを学ぶことができ、また彼らの役に立つことができて嬉しく思いました。

kanpai

 

新しい友人と出会った時は、恥ずかしがらずに話してみてください。 異なる国から来ていて、様々な文化で成長してきたとしても、話すことができる話題はたくさんあります。例えば天気については日本人が毎日話す好きなテーマです。 新しい人に会うチャンスがあったとしても、日本人の友達を作るには時間と労力がかかるのです。

私がここで勉強を始めた時、日本語学習も始めたばかりでしたので、言葉の問題がありました。出会う人全てが流暢な英語を話すわけではありませんし、彼らにとっては母国語である日本語を話す方が、より親しみやすく快適に自分自身を表現することができます。彼らは日本で暮らし、小さい時からの友人がいる訳ですから、出かけることを誘っても既に予定が入っているかもしれません。ですので、彼らを誘う場合はスケジュール調整できるように事前に尋ねることをお勧めします。学校の後はアルバイトをするのが一般的で、学生は思っているほど時間に余裕がありません。

さらに考えなければいけないのは、そうではない国もありますが、日本の人たちは時間に正確です。ですので、日本人の友達と遊ぶ時は遅刻しないようにしてください。 スマートフォン用のアプリで、バスや電車の時刻表を見て到着時間を確認することができます。もう一つの便利なアプリは日本で最も人気のあるコミュニケーションアプリであるLineです。 あなたが日本に到着したら、まずそれをダウンロードしてアカウントを作成することを強くお勧めします(これはwhatsapp、wechatなどと非常に似ています)。

LINE_icon01

(参照:LINE株式会社)

 

最後まで記事を読んで頂きありがとうございます。お役に立てれば幸いです。

Are you seeking a new job? Our service can help you to do it.

Guidable Jobs

スポンサーリンク

LEAVE A COMMENT

Your personal information will only be used for inquiry response.

SPECIAL

CATEGORY

OUR EVENT

OUR SERVICE

PICK UP

Popular Articles

Recommended Articles