100円ショップに行ったことはありますか?

Nov 12, 2017


東京のほとんどの家庭には百円ショップの商品があります。このようなお店は日々忙しい生活を送っている人にとって大きな助けとなっております。ダイソーやセリアなど、人気の100円ショップには誰でも必要なものがほとんどそろっています。これらの価格帯の低いお店によく行く人は、必要最低限のものを買いに行くつもりがお店を出るときには不要な物もたくさん入った買い物袋を持っていくなんてことはざらにあります。

ただ、100円ショップにある商品全てが100円とは限りません。100円という低い価格帯の商品と一緒に高い価格帯の商品も一緒に買ってもらうというマーケティング戦略があります。100円の倍数、200円, 300円, 400円, 500円の商品が存在します。100円ショップに買い物に行く際に覚えておくべきことは、価格帯にかかわらずその商品が値段に見合う物かを見極める目を持つということです。

 

 

100円ショップで買うべき商品12選

1. 箸、食器、またはボウル
品質的には標準的な商品が多い印象ですが、値段が安く、何よりもデザインがすばらしい商品が多いです。

 2. ノートやメモ帳、ペーパークリップは多様なデザインの中から年齢層に合ったデザインを選べ、他のお店と比較しても値段が安いのが特徴です。

 3. 100円ショップのキッチンアイテムには天才的なアイデアの商品が多く、痒いところに手の届くキッチンアイテムが多数揃っています。フライパンカバーラックや棚の底に取り付けるカップホルダーなど、           多くの革新的なキッチンアイテムは絶対に試してみる価値が大いにあります。野菜ホルダーやボウルスタッキングホルダーのような仕切りを利用したスペースは天才的であり、キッチンをより美しく、すっき       りとするには必須アイテムです。

4. 幼児向けの塗り絵、ステッカーブック、その他の楽しいアクティビティノートが多数あります。子供向けのおもちゃは高価な物が多くですぐに使えなくなる可能性があるため、100円のおもちゃは壊れてもすぐに買い替えられるため気軽に使えます

5.  誕生日用の風船はお勧めです。カウンターでスタッフにお願いすれば風船を膨らませてくれるので試してみてください。

6. 少量で多くの異なるパターンが必要な場合は、アートペーパーが最適です。 100円ショップの大型店に行くと、手作りやDIY専用のコーナーがあり、みているだけでも楽しいです。 100円ショップは、これから何かを初めてみたい人にとってはお財布に優しい選択肢になるでしょう。

7. ギフトラップ、ギフトボックス、弁当箱、ピクニックボックスは、気分やスタイルに合わせたさまざまなデザインを取り揃えています

8. ヘアピン、旅行用化粧品ボトルは、長期休暇で旅行に行く人や出張の多いサラリーマンの大きな見方です。

9. 外出時に持ち歩けるティッシュなどの消耗品は、ドラッグストアの半分の価格で入手できます。

10.  床拭きは使い勝手が素晴らしく、ブランドによって枚数が異なりますが、ほとんどの商品が100円で販売されています。

11. ワイヤーハンガーは質は高くはありませんが、在庫が豊富な場合に便利です。ワイヤーハンガーは服をかける以外にも使い道が豊富で、例えばいろいろ方向に曲げるだけで、植物ハンガー、フォトフレーム、ペーパータオルホルダー、フライパンのふたホルダー、ベルトハンガーなどの便利グッズを作れます

12. プリンセスアロマバスの効能にはあまり期待はできませんが、浴槽で泡立つので子供たちに人気です

100円ショップで無視すべきアイテム14選

100円ショップにはすばらしい商品もある反面、スーパーやドラッグストアで買った方が良い商品もあります。

1.歯ブラシも100円で購入可能ですが、耐久性が低いためすぐに買い替えなければいけない可能性が高いです。もう少しお金を払って耐久性の優れた歯ブラシを購入しましょう。

2. ペンやマーカーなどはインクの減りが早いです。またクレヨンなどの色合いも悪いためあまり人気ではありません。鉛筆も芯が折れやすいため日本の有名なブランドの商品の購入を検討した方がいいでしょう。

3. タオルはほとんどが人工素材でできており、湿気をほとんど吸収しないため、柔らかくはありません。フェイスタオルは肌が非常にざらつくので最悪です。

4. 化粧用品は信じられないほど安いですが、直接肌に使用する物なのでケチらずにちゃんとした商品を買いましょう!自分の肌に合い尚且つ信頼できるブランドを見つけることが結果としてより良い結果をもたらします。

5. 同様に、石鹸やローションなどのスキンケアアイテムも肌荒れを引き起こす可能性があります。

6. 100円ショップに陳列されている派手なヘアクリップやバンドは、一見すると魅力的に見えるかもしれませんが、実際に着用するには勇気が必要になるでしょう。

7. は100円ショップの中では高い価格帯の商品ですが、睡眠の妨げになる可能性があるので注意しましょう。

8.  壁などにものをかけるために使用される吸盤は、吸着力が弱く使い物にならないかもしれません。

9.  100円のドリンクはスーパーで75〜90円で売られているので100円ショップで買う必要はありません。キャンディーは超小型パックで販売されておりますが実際にはあまり美味しくはありません。

10.  ナイフ、カミソリ、あらゆる切削工具は切れ味が悪く、扱いにくい場合があります。ニトリやイケアなどで販売しているよりナイフとはさみに購入することを強くお勧めします。

11. マスキングテープ、スコッチテープは粘着性が十分ではありません。重いものを入れると箱が簡単に崩れる可能性があるため、箱などのテーピングには使用しないでください。

12. 女性用ストッキングも素材のせいか薄すぎてすぐにすり減ってしまいます。すぐにほつれてしまうため買い替えが必要になるでしょう。

13. 車の香料は、数日もしない内にに香りが失われる場合があります。

14. 最後にこれは重要なことですが、折りたたみ式の洗濯布バスケットは200円で販売されていますが、ほんの少し重いものを入れるとワイヤーが破れたり飛び出したりします。特に冬用の服が全体的にかさばり、この種バスケットはほとんど役に立たず、多くのトラブルを引き起こします。

100円ショップで買うべき商品、買うべきではない商品を知っていただければ幸いです。結局、ものを買いすぎてしまうため、100円ショップは私たちのお財布に本当に優しいについては疑問が残りますが、そのような購入体験は人生を楽しいものにしてくれます。買い物は楽しいものですが、何かを購入する前にはそれが実際に必要かをじっくり考えてください。

 

Tricia, Philippines

Are you seeking a new job? Our service can help you to do it.

Guidable Jobs

スポンサーリンク

LEAVE A COMMENT

Your personal information will only be used for inquiry response.

SPECIAL

CATEGORY

OUR EVENT

OUR SERVICE

PICK UP

Popular Articles

Recommended Articles